教育人材育成プロジェクト第1回「島大教師塾2021」を開催しました。

公開日 2021年07月28日

教育人材育成プロジェクト~浜田高等学校「島大教師塾2021」

島根大学教育学部と島根県立浜田高等学校をオンラインで結ぶ、初めての交流講座

日時:令和3年7月10日(土)12:15~13:15

会場:島根大学教育学部201教室と島根県立浜田高等学校教室棟

形式:2つの会場をインターネットで結ぶオンライン形式


 この事業は、令和3年3月に島根県教育委員会と島根大学教育学部の間で締結された覚書にもとづき、令和3年度からスタートした事業です。

 近年の教員不足は全国的な課題となっています。島根県でも同様な状況であり、とりわけ石見地区では地元出身の教員が少なくなってきています。

 そこで、高校生の時期から教職をめざす人材を育成し、将来、ふるさとを愛し育てる教員になってもらうために、島根県立浜田高校と益田高校を拠点校として始まった事業です。

 

 その第1回が、7月10日(土)、島根大学と浜田高校をオンラインで結び開催されました。当日は、浜田高校出身の島根大学教育学部の1回生2名が司会進行しました。参加した浜田高校の2・3年生にとっては1・2年先輩で、互いに顔見知りであり、もと担任の恩師の先生も参加され、開会前から打ち解けた雰囲気になりました。

 まず、大学講師による「教育学部ってどんなところ?」「めざせ!教職」という2つの講話がありました。続いて1回生2名の対話形式による楽しい学生生活の紹介、3回生の海外留学や課外の1000時間体験活動などを交えた具体的な大学での学びの紹介がありました。学生のよく準備されたプレゼンや実感のこもった言葉が、学生生活の楽しさや学び甲斐、体験などのおもしろさを直に伝えていて、浜田高校の生徒も真剣&笑顔で、とても興味をもって聞いていました。

 その後の質問も、次々と手が上がり、高校での勉強の準備、大学生活や教員免許、島大を合格するにはなど、学生や講師にたくさんの質問が出ました。最後は、互いに両手を振り合ってお別れしました。高校生の学習や進路意欲を高め、参加した大学生も含め、教職志向性を高めるとてもいい機会になりました。

記念すべき島根県のスタートとしては大成功の1時間でした。

 

 活動の様子はこちらから→第1回島大教師塾2021(プレゼン資料)[PDF:462KB]

 

 

  • 学部歴