教育研究スタッフ
  • 学部歴

香川 奈緒美

 

Naomi Kagawa (准教授)

               11月生

  

自己紹介・アピール 

 研究内容が趣味みたいなものですが、他に好きな事は、旅、キャンプ、温泉、ダンス、スキー、水泳、習字、茶道、料理、歯磨き。今は、日々の生活と育児でいっぱいいっぱいですが、手が開いたらふらっと遠くへ一人旅に出たいですね。

教育・指導分野 

 学部:初等教育開発講座

 大学院:初等教育開発講座
 

専門分野およびキーワード

 コミュニケーション学

現在の研究分野・テーマ

 研究では、対人・家族間・異文化間コミュニケーションを対象に、「他者理解(perspective taking)」 と「自己概念(self-identity)」 との2分野に軸足を置いている。
「他者理解」の研究では、他者理解の本質と意味を考え、公平かつ機能的な他者理解を可能にするコミュニケーション方法を探究することを目的とする。青年期の子供の心の理解を促すコミュニケーションを理論化した戦略的自己開示論(Theory of strategic self-disclosure)を統計的に検証し、その発展にむけてテキサス州の高校で収集したデータをもとに分析を行っている。
「自己概念」の研究では、身近な他者とのコミュニケーションが及ぼす青少年の自己概念の形成と心理状態への影響を見ている。最近の研究では、特に家族間コミュニケーションの影響に焦点を当てて調査し、家族内のコミュニケーション形態によって、自己概念の確立に伴う混乱や不安、憂鬱さの大きさに差が出ることを示した。この研究結果を基に学生と教員とのコミュニケーション研究を進める。

最近の研究成果 

Toyosaki, S., Cruz, A., Izumi, M., Kagawa, N., Kidd, M. (2012). Ingredients of Civic Engagement in Multicultural Education: A Communication Perspective. Iowa Journal of Communication, 43.
Shearman, S. M., Dumlao, R., & Kagawa, N. (2010). Cultural Variations in Accounts by Japanese and American Young Adults: Recalling a Major Conflict with Parents. Journal of Family Communication
Kagawa (2011, November). Hidden voice 'You think you know me?' Mental health consequences of adolescents’ actual-self self-discrepancy." Paper presented at the Annual meeting of the National Communication Association, New Orleans, LA. 
Kagawa (2011, November). "How can parents let adolescents’ voice come out? Empirical evidence of family strategic self-disclosure model." Paper presented at the Annual meeting of the National Communication Association, New Orleans, LA. 
Toyosaki, S., Cruz, A., Izumi, M., Kagawa, N., & Kidd, M. A. (2011, April). Housing Civic Engagement in Intercultural Education: Purposeful Education for Making Home. Paper presented at the Annual meeting of the Central State Communication Association, Milwaukee, WI. 
Toyosaki, S., Izumi, M., Kagawa, N., Omori, K., & Shearman, S. M. (2011, April). Updating “Home”: Emerging Trends in Japanese Family Communication. Paper presented at the Annual meeting of the Central State Communication Association, Milwaukee, WI. 
Kagawa, N. (2010, June). Who pretends to be smarter?: Adolescents’ performance adjustment as a consequence of self-discrepancy experiences. Paper presented at the Annual meeting of the International Communication Association, Singapore. 
Kidd, M. A., Cruz, A., Toyosaki, S., Izumi, M., Kagawa, N. (2010, April). Beyond classroom walls: Pushing the limits of community engagement in the intercultural communication classroom. Paper presented at the Annual meeting of the Central State Communication Association, Cincinnati, OH. 
Toyosaki, S., Baldwin, J., Butcher, M. M., Kagawa, N., Tankei-Aminian, S., Willis-Rivera, J. (2010, April). Civil engagement-centered intercultural communication theorization. Paper presented at the Annual meeting of the Central State Communication Association, Cincinnati, OH. 
Kagawa, N (2009, November). Adolescents’ self-discrepancy experiences depending on family communication patterns. Paper presented at the Annual meeting of the National Communication Association, Chicago, IL. 

  

担当授業

 
学部:コミュニケーション学、教育社会学、教育実践学原論、論文購読

大学院:コミュニケーション学

最近の社会的活動・地域貢献活動

 2011年11月 大社高等学校にて、PTA総会で家族コミュニケーションについての講演を行う。 
 テキサス大学タイラー校との国際交流プログラムを設置中。2013年の夏に30人のテキサス大学生を迎え、島根大学生との合同講義を行う予定。 

メールアドレス

kagawa@ (@の後に edu.shimane-u.ac.jp を付けて送信下さい)

研究者総覧ページはコチラ

  

研究見本市PDFはコチラ

  • 学部歴