教育学部の理念

島根大学教育学部は、平成16年度に全国で初めての「教員養成に特化した専門学部」として新たなスタートを切り、独自の教師教育プログラムを構築してきました。そして平成29年度には、現代的教育課題や地域の教育課題に対応する機能を強化するためのリニューアルを果たしました。

島根大学教育学部では、新しい教育課程の理念として次の3つを掲げています。

○ 学び続ける教師
○ 教育実践を省察する教師
○ 社会における未来を創造する教師

また、私たちはこのような教師となるためには次の力が必要だと考えており、その総体を「教師力」と呼んでいます。

○ 学習者を理解し、身につけた知識や技能で教育を実践する力
○ 相手や目的に応じて適切なコミュニケーションを行う力
○ 必要な情報をさまざまな方法で探したり発信したりして、自己の知識や能力を深める力

教育学部の教育目標など

(1) 教育目標

子どもへの深い理解と愛情、教職への真摯な意欲と情熱を基盤としながら、これからの学校教育を担う教師に求められる「教師力」を身につけることを教育目標とします。

(2) 卒業認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

基準となる単位数を修得し所定の体験時間数を経験することで、次の資質・能力を身につけたと認められる学生に対し卒業を認定し学位(学士(教育学))を授与します。

《普遍的教養》の分野

⓪ 人間・社会・自然に関する幅広い教養を身につけている。

《教育実践力》の分野(学習者を理解し、身につけた知識や技能で教育を実践する力)

① 学校での教育実践を広く社会的な制度や歴史の中に位置づけてとらえたり、授業や一人ひとりの子どもへの指導の基礎となる学級を経営したりすることができる。

② 一人ひとりの学習者の特性に沿った必要な支援を行ったり、発達段階をふまえた指導を行ったり、学びを深め合う学習集団を組織したりすることができる。

③ 各教科等の指導内容や、その基盤となる専門領域に関する知識や技能を身につけている。

④ 的確な教材分析をふまえて授業を構想・実践したり、授業をふりかえって評価したりすることができる。

《対人関係力》の分野(相手や目的に応じて適切なコミュニケーションを行う力)

⑤ 大学における学習・研究や体験学修, 社会参加など, 集団活動の場面において、リーダーシップをとったり、協力したりすることができる。

⑥ 社会的な要請や自己の関心・専門性に応じて、社会的な活動に参加することができる。

⑦ 子どもと関わる場面や社会的な場面、研究的な場面のそれぞれにおいて、相手や目的に応じて適切なコミュニケーションを行うことができる。

《自己深化力》の分野(必要な情報をさまざまな方法で探したり発信したりして、自己の知識や能力を深める力)

⑧ 自己の興味や関心にしたがって、専門的な領域や特定の問題についての問題意識や知 識・能力を深めることができる。

⑨ 社会人としての人間観・倫理観を基盤としながら、教師として特に必要な倫理観や理 想とする教師像を持ち、それに照らして日常の教育実践をとらえることができる。

⑩ 社会的あるいは専門的な情報について、様々な方法で受容したり発信したりすること ができる。

本学部では、これからの学校教育を担う教師に必要な能力を、教育活動全体を通して育成 します。特に、上に掲げた資質・能力のうち①から⑩からなる力の総体を「教師力」と呼 び、専門教育科目の学修到達目標として設定しています。

  • 学部歴