自然環境教育専攻

Natural Science Education

私たち人間の成長において、自然が担っている役割の大きさは測り知れません。 特に、自然の美しさ・不思議さに対する発見や感動は、人々の探究心を支える基盤となっています。不思議なことを解決するためには、観察(特徴を捉える)と実験(自然にはたらきかける)が大切です。

 自然環境教育専攻では、自然が豊かな山陰地域というフィールドを最大限に 活用して教員養成カリキュラムを運営します。中学校の教師を中心に小学校・高等学校の理科教師として必要となる自然科学に関する基礎的知識・技能や方法を身につけるとともに、子ども達の知的好奇心を刺激し、自然を探究する楽しさを味わうことのできる指導法や教材開発についての学習を目指します。

 詳細情報は自然環境教育講座HomePageでご覧下さい。

取得可能な免許状

中学校教諭一種免許状(理科)、高等学校教諭一種免許状(理科)

自然環境3
【生物学基礎実験における顕微鏡観察】

 担当教員名  専門科目 研究テ-マ 
秋重 幸邦 物理学 強誘電性相転移の研究、低温高圧下の物性研究
塚田 真也 物理学 構造相転移の統計物理学、強誘電体の光物性
大谷 修司 生物 淡水産~汽水産微細藻類の分類と生態研究
野村 律夫 地学 有孔虫の分類学、沿岸~汽水域環境変動解析学
辻本 彰 地学 沿岸生態系の動態解析,古海洋学,第四紀地質学
栢野 彰秀 理科教育学 理科学習支援カリキュラムの開発
秦  明徳  ※特任教授 理科教育学 地球環境的視点からの科学カリキュラムの開発
自然環境4 自然環境5
  • 学部歴