教育研究スタッフ
  • 学部歴

猫田 英伸

 iro-pen

NEKODA Hidenobu (准教授)

1978年12月生

自己紹介・アピール

英語の先生になるためにはもちろん英語力が大切ですが、英語力を身につけるだけでは良い先生になることはできません。あくまで「名選手、必ずしも名コーチにあらず」なのです。そのため、私の専門である英語教育学という分野は、児童・生徒に「うまく」英語を教えるために必要な力に焦点をあてます。そして、その「うまさ」の源泉となる知識や技術、あるいは視点について授業で扱っていきます。

教育・指導分野

学部:言語文化教育講座(言語教育専攻 英語コース)

大学院:教育内容開発専攻 言語系コース(英語)

専門分野およびキーワード

英語教育学

現在の研究分野・テーマ

(1) 評価論:英語運用能力には何が含まれていて、その部分部分はどのようにすれば正確に測定できるのか。
(2) カリキュラム・シラバス論:小学校、中学校、高等学校の英語の授業において何をどのような順番で教えることが望ましいのか。
(3) 国際比較研究:日本の英語教育が抱える種々の問題の解決の糸口を探るために海外の英語教育事情を参考にできないか。

ということを日々考えています。

最近の研究成果

 【著書】

◆ 『新しい学びを拓く 英語科授業の理論と実践』ミネルヴァ書房(分担執筆)(2009)

【論文(各年の代表的なもの)】

◆ An investigation on the rating tendencies of Japanese English teachers, International Journal of Curriculum Development and Practice. (in press)
◆ 諸外国における中等学校英語学力の到達度に関する調査研究,『科学研究費補助金(基盤研究(B)海外)研究成果報告書』(分担執筆)(2008)
◆ Developing an oral proficiency scale through the MFRM analysis of teacher's subjective judgements, Annual Review of English Language Education in Japan, 18, 221-230. (2007)
◆ The impact of the Common European Framework on foreign language education in the Netherlands: Focusing on the secondary school level, International Journal of Curriculum and Practice, 8, 49-60. (2006)
◆ The Common European Reference Scales: A study of their applicability to Japanese learners of English, 『教育学研究ジャーナル』(The Educational Journal), 創刊号, 41-47. (2005)
◆ An introduction to the European Language Portfolio: For learner-centred language teaching, International Journal of Curriculum Development and Practice, 6, 9-20. (2004)

【口頭発表(各年の代表的なもの)】

◆ 「学習者の熟達度と教師の質的判断の傾向:スピーキング・パフォーマンス評価データから」第7回全国英語教育学会(東京昭和女子大学)(2008)
◆ 「教師と学習者による協働的空間を志向した4技能研究:測定・評価から指導への還元―共通参照尺度に基づくスピーキングテスト」第47回外国語教育メディア学会(名古屋学院大学)(2007)
◆ 「英語口頭運用能力に関する評価尺度の開発」第6回全国英語教育学会(高知大学)(2006)
◆ 「英語教員に求められる英語口頭運用能力の尺度化:現職の英語教員による主観的評価に基づいて」第5回全国英語教育学会(北海道教育大学)(2005)
◆ 「パフォーマンス・アセスメントに基づく『発音の質』に関する評価尺度の開発」第4回全国英語教育学会(JA長野県ビル)(2004)

担当授業

学部:
発音指導のための音声学、英語科教育法概説、英語科授業設計研究、英語科実践研究、英語科教育学総合研究、卒業研究

大学院:
中等英語科内容開発研究1・2、英語科教育法特論1、英語科授業研究、英語化教科内容構成課題研究1・2

最近の社会的活動・地域貢献活動

広島県立安芸南高校の大学等模擬授業における「英語・英文学」の講義(タイトル「英語を学習するとはどういうことか」)(2008)

メールアドレス

nekodah@ (@の後に edu.shimane-u.ac.jp を付けて送信下さい)

研究者総覧ページはコチラ

  • 学部歴