ごあいさつ

「高度な専門的能力・資質の生涯発達を支える基盤を」

katogakubutyo.jpg
教育学研究科長 加藤寿朗

 少子高齢化の加速やグローバル化の進展など,近年の社会変化には目を見張るものがあります。これからの時代に求められる資質や能力を備えた社会人・職業人の育成は喫緊の課題です。
 このような現代社会の動向から派生する以下の問題があります。一つは,変動し続ける社会での職業生活では,各キャリア・ステージ(ラダー)に応じて学び続ける必要があることです。他の一つは,地域ごとの特殊性の問題です。グローバル化が進む一方で,特に都市部と中山間地域にみられるような、地域ごとの差異化が進んでいます。
 たとえば,島根・鳥取両県の課題の一つに少子高齢化があります。少子高齢化の中での学校の在り方や教育のための地域との協働的関係の築き方,また,少子化の中での人間関係や集団の中での不適応への支援など,各地域における諸課題を解決する能力資質をもった人材が必要です。
 本研究科の目的は、現代・地域社会が有する課題を解決することができる高度な専門的能力や優れた資質を有する教師及び臨床心理の専門家の養成にあります。平成28年度からの新たな教育学研究科には,この目的を達成するため以下の二つの専攻をおきます。
 「教育実践開発専攻(教職大学院:専門職学位課程)」では,地域や学校教育以外の専門家とも協働しながら教育課題の解決を主導できるスクールリーダー育成(現職教員入学生),及び高度な教育実践・研究力をもち教育現場で活躍できる即戦力教師の育成(学部新卒学生),これらを目指します。「臨床心理専攻(修士課程)」では,教師や諸関係機関専門家と協働して社会・集団適応等に問題を抱える子どもを支援することができる臨床心理専門家の養成を目指します。
入学された皆さんが,専門的能力・資質の生涯発達の基盤となり得る知識・技能や研究力を,本研究科での学修を通して培われることを強く期待します。

 

 

「島根・鳥取の教育の未来がここから始まる」


教育実践開発専攻(教職大学院)
専攻長 原 広治

  島根大学教職大学院では,島根・鳥取両県で求められる未来のスクールリーダーに必要な資質・能力を検討し,その結果をカリキュラムに反映させるため、両県教育委員会と連携・協働して『山陰教師教育コンソーシアム』を結成しています。そこでの議論をふまえ,「優れた教科指導力をもつ教師」,「組織の中で力を発揮する教師」,「子どもを深く理解し支える教師」になるため,2021年春,「授業デザイン」,「学校創造」,「子ども支援」をより深く学べるカリキュラムに刷新しました。教職大学院生のニーズに応じたオーダーメイドの学びができるよう授業科目の選択の幅を増やすとともに,学校の「今」と「未来」を考える学修をますます充実させ,あなたの「なりたい」を実現します。
 また,地域の教育機関とも連携し,山陰地域の教育の未来創造に果敢にチャレンジするため,主体的,対話的で深い学びへと導く「考え抜く」授業の展開と,学校教育現場に直結した「身に落ちる」実践的学びを両輪とした教育プログラムの充実を図っています。