教育支援センターについて

                

学部の教育と研究を支援する施設です。教材開発や教育用ビデオなど効果的に利用する事が出来るほか、社会に開かれた幅広く総合的な教育活動も行っています。また、センターは体験学修の企画、運営、管理を担当します。島根大学教育学部に於ける【全国初の1000時間におよぶ体験学修の必修化】に伴い、多様な体験学習プログラムをサポートします。

現在、附属学校園での教育臨床体験や新入生を対象にした宿泊研修、福祉施設での介護ボランティアや学童保育などのさまざまな体験学修が実施されています。地域や学部、専攻と連携した体験活動が、今後ますます増えて選択肢も広がり、幅広い体験が展開されます。

研究紀要【島根大学教育臨床総合研究4号】(2005)

研究紀要【島根大学教育臨床総合研究5号】(2006)

研究紀要【島根大学教育臨床総合研究6号】(2007)

研究紀要【島根大学教育臨床総合研究7号】(2008)

研究紀要【島根大学教育臨床総合研究8号】(2009)

研究紀要【島根大学教育臨床総合研究9号】(2010)

研究紀要【島根大学教育臨床総合研究10号】(2011)

研究紀要【島根大学教育臨床総合研究11号】(2012)

研究紀要【島根大学教育臨床総合研究12号】(2013)

研究紀要【島根大学教育臨床総合研究13号】(2014)

研究紀要【島根大学教育臨床総合研究14号】(2015)

研究紀要【島根大学教育臨床総合研究15号】(2016)

島根大学教育臨床総合研究特別号(1000時間体験学修10周年記念号)