教育研究スタッフ
  • 学部歴

塩津 英樹

 iro-pen

SHIOZU Hideki (准教授)

1981年11月生

  

附属教師教育研究センター ホームページアドレス: 
http://crte.shimane-u.ac.jp/

自己紹介・アピール 

はじめまして。これまで、ヨーロッパ(特にドイツ)の教育の歴史や思想に関心があり、研究してきました。過去の歴史や思想に学ぶことは、これからの教育の在り方を考える手がかりとなります。近年では、道徳教育や教師教育についても研究しています。

教育・指導分野 

 学部:教育学部附属 教師教育研究センター
 大学院:教育学研究科(教職大学院)兼任教員

専門分野およびキーワード

 教育哲学

現在の研究分野・テーマ

現在の研究テーマは、18世紀ドイツの教育思想、道徳教育、教師教育です。

最近の研究成果

著書
丸山恭司(編)『道徳教育指導論』協同出版、2014年。(担当:「第12章 道徳教育の内容項目を問う2 −人権について考える−」171-183頁)
論文
「「特別の教科 道徳」導入後の道徳教育の在り方に関する一考察 −学習指導要領の改正を踏まえて−」『島根大学教育学部紀要』第50巻、2016年、59-64頁。
「J.H.カンペによる「実践的教育者の会」設立過程に関する考察」『島根大学教育学部紀要』第49巻、2015年、25-31頁。
「カンペ編『点検書』の成立過程に関する考察」『広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部(教育人間科学関連領域)』第59号、2010年、39-46頁。
「汎愛派の「人間」と「市民」に関する一考察 −『エミール』注釈を手がかりに−」『人間教育の探究』第21号、2009年、83-101頁。

担当授業

 学部:
 教職概論、学校教育実践学原論、道徳教育指導論、初等教育実践基礎Ⅱ
 大学院:
 カリキュラム開発の実践的研究、多様化時代の学校リーダーシップ、社会変化と学校役割、社会変化と教職倫理

最近の社会的活動・地域貢献活動

免許状更新講習、現職教員研修

メールアドレス

shiozu@ (@の後に edu.shimane-u.ac.jp を付けて送信下さい)

研究者総覧ページはコチラ

  • 学部歴