教育研究スタッフ
  • 学部歴

小川 巌

 iro-pen

OGAWA Iwao  (教授)

1957年2月生

 

 

自己紹介・アピール

「こう説明した方があの人には伝わり易い(かった)かな」など感じたことはありませんか?特別支援教育は、伝えるべき内容の個々にあった構成や伝え方とは何かについて学び研究するものだと私はとらえています。専門とは言っても、実際は日々の人間関係の中で「もっとこういった言い方すればよかった」など反省することが多い私です。永遠のテーマです。そんな私ですがいっしょに特別支援教育について学んでみませんか!

教育・指導分野 

学部:心理・発達臨床講座・特別支援教育専攻

大学院:教育実践開発専攻 (発達臨床コース)(臨床心理コース)

専門分野およびキーワード

障害児教育、特別支援教育、障害児指導法、障害児心理学

現在の研究分野・テーマ

個々の子の学び方・ものの見え方や聞こえ方など、個人の心理的特徴にあった学習内容の構成や教え方について研究しています。特に、知的障害など心身の働きの一部に機能的障害が診断された子ども達の指導計画についてです。どのように実態を把握し、どのような目標を設定し、さらにどのような方法で実施するのか一連の過程(個別教育支援計画過程)を問題にしています。同じ内容を伝えるのにも、ある子には絵や画像を用いる方が有効だったりと伝え方(指導方法)も様々です。計画において必要なものやその過程に影響するものとして、計画者の知識・信念など計画者自身の要因について検討して来ましたが、近年は、計画者や支援実施者間のネットワークの在り方に研究対象を拡げています。

最近の研究成果 

◆ 「障害児教育(ミネルヴァ教職講座13)」(共著)ミネルヴァ書房、2001.
◆ 「障害児発達支援基礎用語事典」(共著)川島書店 2002.
◆ 個人特性の可変信念と治療教育志向に関する探索的研究(単著)「民病研」No.144.民間病院問題研究所、2002.
◆ 知的障害児の未来願望と課題価値観が現場実習に及ぼす効果(単著)「島根大学教育学部附属教育実践センター紀要」12号.2001.
◆ 大学生における障害児の特性可変性と治療教育志向との関連(単著)「島根大学教育学部紀要」35巻、2001.
◆ 「自発性を学ばせるもの」(単著)「総合学習を創る」No.144、明治図書、2002.
◆ 障害児教育担当教師における障害児特性可変観と治療教育方針に関する研究(単著)「島根大学教育学部附属教育臨床総合研究センター紀要」2号、2003.
◆ 多様な個人差に対応するための配慮に関する教師認知-ユニバーサル・デザイン原理の学習への応用の視点から-(単著)「島根大学教育学部紀要」37巻、2003.

担当授業

学部:
個別教育支援計画研究、個別教育支援計画演習、特別支援教育課程・指導法概論、障害児心理学特別支援教育基礎1・2(分担)、特別支援教育総合演習(分担)、特別支援教育実践セミナー1・2(分担)

大学院:
(発達臨床コース)
発達心理学特論、軽度発達障害特論、軽度発達障害児指導法演習、特別支援コーディネート研究1、特別支援教育心理学特論1、特別支援教育心理学演習、特別支援教育実地研究1、2
(臨床心理コース)
発達心理学特論

最近の社会的活動・地域貢献活動

島根県しまね特別支援教育プラン検討会委員(平成16年)

島根県しまね特別支援連携協議会委員(平成17年~現在)

松江市乳幼児発達相談員(平成13年~現在)

松江市心身障害児就学審議会委員(平成13~現在)

松江市幼稚園特別支援教育研究推進連絡会委員(平成16年)

松江市幼児教育支援センター事業運営委員会委員・保育サポーター(平成17年~現在)

メールアドレス

iwogawa@  (@の後に edu.shimane-u.ac.jp を付けて送信下さい)

研究者総覧ページはコチラ

研究見本市PDFはコチラ

  • 学部歴