専門分野およびキーワード

 教科教育(社会科教育)、学校・学級経営

現在の研究分野・テーマ

 社会科教育のなかでも中学校社会科地理的分野の学習、竹島問題などの領土に関する教育、主権者教育などを中心に研究を進めています。その他、一人一人の教師の資質能力を伸ばす学校経営の在り方について関心をもって取り組んでいます。

最近の研究成果

<論文>

  • 「中学校社会科における竹島に関する学習の実践と考察~「韓国の教科書に掲載されている地図」の教材化と「問い」の工夫~」『社会科研究』(島根社会科懇話会)第38号、2017年3月、21-30頁(共著)

<その他>

  • 『領土に関する教育ハンドブック』(島根県教育委員会)、2015年3月、編集委員
  • 『複式学級指導の手引』(島根県教育委員会)、2014年3月、編集委員
  • 『ふるさと読本 もっと知りたい島根の歴史』(島根県教育委員会)、2012年11月、編集委員

最近の社会的活動・地域貢献活動

  • 全国中学校社会科教育研究大会島根大会 地理的分野指導助言(2017年11月)
  • 島根県教育センター能力開発研修「主権者教育をどう進めるか」講師(2017年9月)
  • 江津市教育研究会社会科部会授業研究会(江津市立桜江小学校)講師(2017年6月)
  • 松江市教育研究会社会科部会授業研究会(松江市立鹿島中学校)講師(2017年1月)
  • 島根県国際理解教育研究会(松江市立本庄中学校)竹島に関する学習の授業を公開(2017年2月)
  • 松江市教育研究会社会科部会授業研究会(松江市立第一中学校)講師(2016年11月)
  • 島根県社会科教育研究会夏季研修会 中学校地理的分野指導講師(2016年8月)

<その他>

  • 島根社会科懇話会常任理事

メールアドレス

oshimasa@ (@の後に edu.shimane-u.ac.jp を付けて送信下さい)