専門分野およびキーワード

学校心理学(動機づけ・体育心理)体育科教育,部活動支援

現在の研究分野・テーマ

 体育科では子どもの体力の低下傾向や運動をする子としない子の二極化といった課題が、部活動に関しては、体罰・暴力などの行き過ぎた指導の弊害などが大きな問題となっています。このような課題の改善を図り、問題の発生を未然に予防するための方策を、主として、動機づけの視点から明らかにすることに取り組んでいます。このような検討を通して、体育や部活動の指導に携わる教師に、児童・生徒の理解や具体的な指導法の改善に関わる有益な情報提供ができれば考えています。

 

最近の研究成果

著書

  • 日本コーチング学会編(2017)コーチング学への招待.大修館書店.(共著).
  • 西田 保編(2013)スポーツモチベーション-スポーツ行動の秘密に迫る!—.大修館書店.(共著).
  • 中込四郎・伊藤豊彦・山本裕二(2012)よくわかるスポーツ心理学.ミネルヴァ書房.(共編著)

論文

  • 河井克正・伊藤豊彦(2016)運動部活動における中学生が認知する指導行動類型と動機づけとの関係.山陰体育学研究,31:15~20.
  • 伊藤豊彦・河井克正・池本雄基・杉山佳生(2016)運動部活動における中学生の指導行動の認知、心理欲求の充足、および動機づけとの関係.健康科学,38:21~31.
  • 森原遼子・伊藤豊彦・清田美紀(2015)運動部活動における中高運動部員の心理欲求充足プロフィールに関する研究.山陰体育学研究,29:21~29.
  • 伊藤豊彦・磯貝浩久・西田 保・佐々木万丈・杉山佳生・澁倉崇行(2013)小学生の体育学習における動機づけモデルの検討:動機づけ雰囲気の認知、学習動機、および方略使用の関連.体育学研究,58:567-583.

最近の社会的活動・地域貢献活動

  • 島根県スポーツ振興審議会委員(平成28年10月~)
  • 島根県体育協会スポーツ医・科学員会委員(平成25年4月~平成27年3月)
  • 島根県少年スポーツ指導者セミナー講師(平成27年6月)
  • 島根大学教員免許状更新講習講師(平成21年8月~)

メールアドレス

itotoyo@ (@の後に edu.shimane-u.ac.jp を付けて送信下さい)

研究者総覧ページ

http://www.staffsearch.shimane-u.ac.jp/kenkyu/search/2e3af0ea17d408447e7379a43a7b23b9/detail