専門分野およびキーワード

ICT教育,技術科教育,子どもの発達

現在の研究分野・テーマ

今後の技術科教育の在り方

  • すべての国民が幸せに暮らすための技術科教育の在り方を検討する
  • ものづくりによって,不登校等の児童生徒を支援する
  • 職人さんの優れた熟練技能を記録し,ものづくりの指導法に役立てる

子どもの発達の解明と,新たな指導法の開発(情報電気電子工学の活用)

  • 脳波,筋電図などの生体情報から学習活動中の技能や思考を読み解く
  • 子どもの発達を定量的に分析し,効果的な指導法を開発する
  • 発達障害の特徴を捉え,学習支援の方法を提案する

最近の研究成果

論文

  • 橋爪一治,伊賀崎伴彦,村山伸樹,林田祐樹:幼・小児期における上肢運動機能の発達~視標追跡描円運動課題の3次元モデル~,臨床神経生理学40巻2号pp.73-81 (2012)
  • 橋爪一治:技術科に求められる思考力・判断力・表現力等の評価,技術科教育の研究16巻,pp.17-23 (2011)
  • 橋爪一治:技術科における言語活動の充実に関する検討,技術科教育の研究15巻,pp.21-26 (2010)
  • K. Hashitsume, T. Igasaki, N. Murayama, Y. Hayashida :Quantitative Evaluation for The Movement Function of Upper Limbs in Infancy-Development of the visual tracking ability-, Proceedings The First International Symposium on Information and Computer Elements, ISICE 2007, pp.22-26 (2007)
  • 橋爪一治,糸山常利他:ものづくりコミュニケーションセンター構築による情報活用能力の育成と効果,第13回上月情報教育研究助成論文集pp.137-156 (2007)
  • 橋爪一治,伊賀崎伴彦,村山伸樹,林田祐樹:幼・小児期の上肢運動機能の定量評価~視標追跡等速描円運動能力の発達に関して~,電子情報通信学会技術研究報告〔MEとバイオサイバネティックス〕 (2007)
  • 橋爪一治:ものづくりによる科学技術教育へのアプローチ,日本産業技術教育学会九州支部論文集第14巻,pp.89-94 (2006)
  • 橋爪一治:ものづくりコミュニケーション・センターの機能を持った新しい技術室の構築,日本産業技術教育学会九州支部論文集第13巻,pp.9-16 (2005)

最近の社会的活動・地域貢献活動

  • 平成25年度全日本中学校技術・家庭科研究会中国・四国大会助言者
  • 日本産業技術教育学会中国地区理事(H25から)
  • 日本産業技術教育学会九州支部理事(H24まで)

メールアドレス

hashitsume@ (@の後に edu.shimane-u.ac.jp を付けて送信下さい)

研究者総覧ページ

http://www.staffsearch.shimane-u.ac.jp/kenkyu/search/c0cd4cc1f8e3aac1b7bd57ec0abbac6e/detail