専門分野およびキーワード

学校・学級経営,教科教育,ICT教育

現在の研究分野・テーマ

○校内OJT(on-the-job training)による校内研修の活性化推進
 新学習指導要領では,従来の学校教育の蓄積を生かしつつ学習の質を一層高める授業改善の取組を活性化していくことが求められています.さらに各教育センターや大学等で行われる集合研修の限界も問題視されています.そのため昨年度末に『「主体的・対話的で深い学び」を実現するために』という校内OJT用映像教材(DVD教材)を作成し,各学校でその教材を材料として校内研究を進めていただき,授業改善に向けた校内研究の活性化を効果測定しようとしています.授業改善を主体とした教材の次は,マネジメント系のOJT用教材作成についても検討中です.

○情報通信技術(ICT)を活用した「学びの場」と「学びの質」の拡張
 ICTが高度に発達した昨今,学校間をつないで互いの児童・生徒の意見を取り入れながら協働的に学ぶ授業を展開することは容易に可能になりました.昨年度は鳥取東高等学校と益田高等学校間で英語のプロジェクトを共に推進しました.今年度は,島根と鳥取の小規模小学校同士をつないで協働的な学びの構築を施行することで,少子化による不安解消の一助になるかどうか検討しようとしています.

最近の研究成果

論文

  • 教養教育実践を通した主体的・自律的学習者の育成と評価 - 学習科学を学ぶことでのメタ認知能力育成(2) - ,鳥取大学教育研究論集5巻, 51-65頁 2015年(共著)
  • 鳥取県におけるICT活用教育推進の方向性検討について~ICT活用教育推進協議会の提言と推進ビジョンの策定~,鳥取大学教育研究論集5巻,119-124頁 2015年(共著)
  • 教養教育実践を通した主体的・自立的学習者の育成と評価 -学習科学を学ぶことでのメタ認知能力育成- 鳥取大学教育研究論集第4号,73-82頁 2014年(共著)
  • 鳥取県の高等学校教育における学習理論研修を通した学習科学の知見の導入, 鳥取大学教育研究論集第4号,61-71頁 2014年(単著)

作品

  • 『「主体的・対話的で深い学び」を実現するために』-校内OJT用映像教材(DVD教材)- 後援:鳥取県教育委員会,島根県教育委員会 2017年3月

最近の社会的活動・地域貢献活動

  • 日本教職大学院協会 企画・広報委員 2017年~
  • 鳥取県教育センター:アクティブ・ラーニングの理解と21世紀型スキル育成研修講師:2016年
  • 安芸太田町「希望塾」夏の特別企画「協調学習」を体感しよう,出張講義:2016年
  • ひょうご学力向上サポート事業研究協議会 指導助言/出張講義:宝塚東高等学校:2016年
  • 島根県学力育成推進事業「教科リーダー養成・活用事業」出張講義:2016年
  • 公立鳥取環境大学非常勤講師(理科指導法Ⅰ):2015〜(年間のべ2回)

(その他)

  • 学校や自治体における研修会の講師(今年度のもの)
    境港市教務主任・研究主任研修会(ファシリテーター養成)研修講師(主催:境港市教育委員会)2017/6月.鳥取市立東郷小学校校内研修講師2017/6月.倉吉市立倉吉東中学校校内研修講師2017/5月.米子市日吉津村中学校組合立箕蚊屋中学校校内研修講師2017/5月.米子市立箕蚊屋小学校指導助言2017/5月.松江市立中央小学校校内研修講師 2017/5月.等

メールアドレス

chiyo@ (@の後に edu.shimane-u.ac.jp を付けて送信下さい)

研究者総覧ページ

https://www.staffsearch.shimane-u.ac.jp/kenkyu/search/a9f42f71067a2a9a25df95d16aa87b67/detail